吾輩はヅカオタである。

名前はまだない。

2016-05-03から1日間の記事一覧

中山可穂『娘役』 感想のようなもの

中山可穂さんの『娘役』読みました。宝塚歌劇団が舞台のフィクション物語です。あらすじはAmazonさんにお任せします。昨晩はいろいろと『娘役』というお話のことを考えて眠れなかったです。まるで宝塚を観に行った日の夜のようでした。以下感想のようなもの…