読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾輩はヅカオタである。

名前はまだない。

シェイクスピアでまっぷーさんに泣かされた話

宙組

宙組シェイクスピアで4回泣きそうになってそのうち3回はまっぷーさんのお芝居でそのうち1回はガチ泣きでした。

シェイクスピアで松風輝さんまっぷーさんに泣かされました。まっぷーさんに泣かされたメモです。全て私の記憶に依ります。

 

まっぷーさん以外で泣きそうになったのは酒場のシーン。あそこ泣くよね。

 

私を泣かすまっぷーさん1

仕事をさぼってたウィルが手に持つ紙を取り上げて「何て書いてあるんだ」って言うウィルパパ。字が読めないこと、字が読めないことをコンプレックスに思ってるのがひしひしと伝わってきてつらかった。「こんなものを書かせるために学校へやったんじゃない」って言うパパは息子には文字を読み書き出来るようになってもらいたかったんですね。息子には字が読めないことで情けない思いはして欲しくなかった。泣ける。

ウィルパパはすごく向上心が強いですよね。向上心というより野心かな。そのためには金だって厭わないところすごくいいと思う。でも、識字だけはどうにもならないんですよね。

胸が締めつけられるようでした。

 

 

私を泣かすまっぷーさん2

ウィルが民衆に囲まれて称賛を浴びてるときにウィルパパがそっと舞台の端にいるんですね。最初ウィルパパが息子の演劇を観に来てくれたってすごく嬉しかった。でもパパは息子に声をかけられないでいて遠巻きに息子を見てるの!ウィル気付いて!!

皆ウィルの舞台に浮かれてるのにまっぷーさんの周りだけ空気がくらいの!

自分が否定した劇作家で成功した息子は革手袋職人である自分を否定しているようなものだもんなー。

私は革手袋職人すばらしいお仕事だと思うよ!すごいよ!!とウィルパパの肩を持たずにはいられなかったです。

 

 

私を泣かすまっぷーさん3

物語はハッピーに終わり皆さんが順番に出てくるところ、ウィルパパも出てきますよね。パパの手にはウィルが女王から授けられた紋章がうわあああああああああ。本当ここで涙ぼろぼろ落ちてきた。ママと一緒に大切そうに紋章を抱きしめるパパ。ウィルパパの幸せそうな顔を1時間半で初めて見た。その紋章はウィルが渡したんですよね?父さんが学校へ通わせてくれたから劇作家になれたんだって言ったよね?やっぱりあの時ウィルは反抗期だったね?革手袋職人バンザーイ!!ここまで一気に思わせてくれたのはまっぷーさんです。

 

本当まっぷーさんすごいですよ。

と書いたところで、やっぱり私にはまっぷーさんのすばらしさを文章にすることは出来ません。たくさんの人がまっぷーさんを見てたらいいな!