読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾輩はヅカオタである。

名前はまだない。

観劇をするようになって、ミー&マイガールを観て

花組

ミュージカルやお芝居、どの舞台に関しても趣味として観るようになって「かしこくなりたい、いろんなことを知りたい」と思うようになりました。
だって、舞台の中に付いていけないんですもん。登場人物がなぜそんなことをしたか分からない、セリフの意味が分からない、その笑いが分からない、そもそもどうしていがみ合ってるの?とかね! 結構つらいな、と思います。
そんなに深く考えなくても楽しめるんですけど、知っている方がきちんと楽しめるじゃないですか。もっと深く楽しみたいなと思います。
無知はつらいです。


それが、ミー&マイガールでは顕著でした。階層で分断されていることがまず分からない。ビルが貴族の出でもサリーと結婚すればいいじゃないですか、と思うとお話始まらないですもんね。
公式のミー&マイガール豆知識を全部頭に入れていくと観ていてなるほどと思えたのですが、激しいコレジャナイ感。私は知識をなぞりたいわけでもなかった。でも、前知識がないと私は結構つらかったかもしれません。
自らジェラルドの「僕が働くの?」というセリフに貴族だもんね~と思いたかったし、サリーにジャンヌダルクはその年じゃないよって言いたいです。
かしこくなりたい、いろんな知識をもってくすっと笑えるようになりたい。


それと共に「かしこくなったな」とも思います。
手袋を叩きつけると決闘、キュウリサンドは貴族の食べ物、フランス語で愛はAmour、どれも宝塚で得た知識です。明日使えない知識ですが、私の人生はこうして豊かになっていくのだなと思うととても楽しい。フランス革命が起こった年をすぐに言えるようになったのも宝塚のおかげです。小林一三先生ありがとう。


次は織田信長について勉強して、その次はオーストリアの文化ですね。難しい。
でもまたかしこくなれるのだろうと期待して大劇場に行きましょう。