読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾輩はヅカオタである。

名前はまだない。

懐かしき春

花組

先日、花組の雪華抄と金色の砂漠を観てきました。どちらも楽しかったです。
雪華抄のフィナーレで明日海さんが歌う「桜花夢幻」の「春よ 懐かしき春よ」という歌詞がずっと心に残っていました。
私が思い出したのは昨年2015年の春です。

2015年春、宝塚大劇場では花組の「カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲」の公演が行われていました。平日のチケットを取って観に行ったのですが、私が大劇場で観劇した中で一番座席が赤かった(婉曲表現)日でした。私は世論と異なりカリスタが結構好きです。楽しくて大好きなファンタジアもあるのに客席の赤さが不思議でした。春はやはり忙しいですよね。
明日海さんの美しさと歌の上手さを見せつけられました。芹香さんがカリスタでツンツンなお役をされていたのに、ファンタジアでは女の子にフラれるバスケット少年で驚きました。柚香さんの胡散臭いナポレオンが最後に落とした後味の悪さを含めて好きです。美穂さん怖すぎィ!(というのは後から何度も見ての気付きもありますが。)
そして、明るくてはつらつとした花乃まりあさんのアリシアがいいなと思った公演でした。

金色の砂漠で花乃さんの意志の強い王女タルハーミネを観られてよかったです。エトワールすてきでした。初めて見た花乃さんと最後に見た花乃さんの役が私の大好なキャラクターになったことがとても嬉しいです。

あの春の日から約1年半が経ち、再び平日に観に行った花組公演はお立ち見券が売られていました。懐かしいと思うには1年半は短い気もしますが、過ぎた日々に花乃さんのトップ娘役期間を重ねて考えると、新花組トップコンビお披露目だったあの春はもう懐かしき春だと思ってしまいます。

花乃さんが東京千秋楽まで花組ですばらしい日々を過ごされますように。