吾輩はヅカオタである。

名前はまだない。

みつるくんへ

こんな風に休演になるなんて思ってもみなかった。

とうとう私は星組公演を観る機会を劇場で永遠に失ってしまいました。劇場で。

申し訳ないけれど配信なんてと思っていました。それでもみつるくんの最後の姿を見られないことが耐えられなくって、一応と配信のチケットを買いました。

私が見たのは東京2日目の公演でした。ことばにするのに時間がかかって今日はもう千秋楽です。


みつるくんが「僕はあなたの太陽」って歌ってくれたのがすごくすごく良かった。

他の皆さんが「あなたは僕の太陽」って歌う中でみつるくんは「僕はあなたの太陽」って歌ってくれました。

本当にその通りで、みつるくんの舞台姿から元気だったりときめきをたくさんもらっていて、その通りだよって思いました。


どなたの退団公演でも私が言いたいのは今までの感謝だったりあなたがどれだけすてきだったかであって、舞台上のあなたがどれだけありがとうと言おうとも私はそれ以上のありがとうを返したくて。

でも客席の私にはたくさんのありがとうを返す方法がないんですよね。


今回みつるくんに「僕はあなたの太陽」と歌ってもらったことが「客席のあなたたちにタカラジェンヌである僕が大切に想われていることは分かっているよ」と歌われた気がして、伝わったなあって嬉しくなりました。

ご贔屓さんにそんな風に歌われたら、私はきっと涙で前が見えなくなってしまう。

銀橋を渡りきる最後の最後までみつるくんを見届けたかったけど、配信ではそれは叶いませんでした。見届けたかったなあ。


初めてみつるくんを見たのは『オイディプス王』ですへ。私は通路沿いのお席だったのですが、開演して少しすると遅れて来た人が結構な音を立てながら入って来て内心静かにしてほしいなあと思っていたら、それがみつるくんでした(演出だった)。すぐ横をすごいスピードで駆け下りて舞台に上がったみつるくんを忘れられません。

なんだか残しておきたくなったので。


世界の彼氏と呼ばれるのはみつるくんだけです。今までありがとうみつるくん、華形ひかるさん。

フライングサパを観に行きました

毎日不思議な夢の中にいるような気がしています。

現実なのか分からないまま日々を過ごしています。


フライングサパ観てきました。

観劇したよ、と明るく言えない世の中に辟易としています。約7か月ぶりの劇場でした。

久しぶりの観劇が大好きな宙組でとっても嬉しかったです。

相変わらず、真風さんも芹香さんもかっこよくて、まどかちゃんはかわいくって、すっしぃさんがいちばんかっこよかったです。

ほぼセンターで前の席が空いていてとても見やすかったです。


ひと席空けて座ることは、どうしてもこの世界の状況を思い出させました。

今の状況を知る前と今では「フライングサパ」を観た感想は違うものになってしまっていて。もう戻れません。

ただ、私が宝塚歌劇宙組やミュージカルを好きになる前にも戻れません。劇場にわくわくする私はずっとそのままです。


もうひとつ。


今まで失ったチケットのことばかり考えていましたが、これからは観れたもの観れるものを大切にしようと思いました。

みつるくんにお別れを言って、礼さん舞空ちゃんのトップ就任が楽しみだった「眩耀の谷/Ray」

家族で観に行く予定だった「はいからさんが通る

ずっとずっと楽しみにしていたまぁみりの共演!「モダン・ミリー

ずんさんに心からおめでとう、和希さんのお髭に美しいららちゃん、執念でチケットをゲットした「壮麗帝」

久しぶりの劇場四季にわくわくしていた「パリのアメリカ人」

毎年の恒例行事「及川光博ワンマンショー2020」


全部本当にとっても楽しみでした。思い出として手元にあるチケットは大切に保管しています。観たかった!観たかった!!観たかった!!!!すぐに切り替えられないし、永遠に失ってしまった公演なのでやっぱり言ってしまうこともあるけれど。なるべく控えます。

そう思わせてくれたのは宙組の公演で生の舞台の楽しさを再確認出来たからです。

ありがとう。一生忘れられない観劇日がまた増えました。

慣れないさみしさ

宝塚歌劇団は本来空っぽなのだと思う。
タカラジェンヌの彼女たちが集まるシステムの名前が“宝塚歌劇団”なのであって、そこに在籍している方々は流動的でいつだって同じではない。
からっぽだからいろんな人が来る。
でも、人が増えるばかりではすぐに溢れてしまう。
退団はお約束なのだ。

入る彼女たちも、観る私も最初から分かっている。
同じ名前であってもいつだって同じではないのが宝塚歌劇団だと分かってはいても。
分かってはいても。

 

今日も思い入れのある生徒さんの退団が発表された。

 

観ているこちら側の私はいつだって置いて行かれるのだ。
このさみしさには慣れることはできない。
大好きな人たちが去っていく世界。
花は散り際が美しいとは言うけれど(そして、違わず退団を控えた彼女たちは美しいのだけれど)、ひとつとして同じ花はない。
愛していた花がいなくなったら、何を愛せばいいのだろう。
違う花を愛でればいいのだろうか、それでも埋められない心があるのだけれど。
あなたのいない、あなたの組を観る、こちらの気持ちにもなってくれ。

こんな思いをするのであればもう観ない、と思ったこともある。
それでも劇場に行ってしまっていた。

今まで観たい公演はどうにか観てきた。
本当に観たい公演は気合いと執念でどうにか、どうにか観てきた自信はある
チケットが手に入らなかったものはそこまで情熱がなかったか、観るタイミングが今ではなかったものだと思うようにしている。
だから、過去の公演に対して観たかったなとは思わない方だと思うけれど、いまだに観たかったなと思うのは『燃ゆる風 軍師 竹中官兵衛』です。

 

今回のチケットは取っていない。
このさみしさを乗り越えられれば観に行けるのだろうか。
あの人の最後の姿を観るさみしさに耐えきれず、あの人の最後の舞台姿を観られないかもしれない、と今は思う。

 

 

友だちの友だち

関西という地に住んでいるからか、同年代だからか、「私、宝塚歌劇が好きなんです〜」と話題にすると「私の友だちの友だちがタカラヅカにいるらしい〜」と言われることがあります。
「お母さんの友だちの娘」だったり、「話したことはないけれど同級生が高校の途中でタカラヅカに行ったよ」などタカラジェンヌって結構いるんだな、と思います。

私の友人の「友だちの友だち」だと遠いけれど、私の友人の「友だち」だと少し親近感が湧きませんか。私は湧きます。
もちろん頭では分かっているのですが、同い年の子も劇団にいるんだなぁと実感します。

その子が今回の公演で目立つポジションをもらっていたら、、、

 

稀に想像することがあります。
もし私が大劇場の舞台に立ったら、と。
いや、とってもおこがましいことは分かっています。もし、あんな大きな劇場でひとりぽつんと残されたら、という想像です。

想像するだけで緊張で膝が震え、顔が引きつり、声なんて出そうにありません。というか前日から大劇場に立つこと決まっていたら当日は腹痛で休んでしまうと思います。
2500人もの視線が自分に向いていることを想像するだけで、こわくて無理だなぁと思います。そんなことをやってのけるタカラジェンヌはすごいなと尊敬するばかりです。

 

そして、そんなことを彼女はやってのけました。
大入りの大劇場の真ん中で大きな笑顔で堂々と歌っていました。
私は彼女の大きな笑顔が大好きで、真ん中でたくさんの人が見てくれたであろうことが嬉しかったです。
同い年の彼女が堂々と舞台に立っていました。

すごいなぁと思います。本当にすごい。
パフォーマンスも、大劇場に立つまでにあったであろう努力もすごい。
きっと私が考えが及ばないくらいの努力があったんだろうな、と思います。
友人の友だちというだけで、彼女のことは何も知らなくて、勝手にすごいという言葉でまとめてしまうのも図々しいのですが、本当にすごいなぁと思いました。

 

彼女には及ばないかもしれないけれど明日から私たちもがんばろうね、とその日は別れました。
そんな風に思わせる彼女もすごいですね。

 

同い年の彼女に(そして彼女たちに)負けないように、恥じないように生きたいと思ったMESSIAH/BEAUTIFUL GARDENでした。

ハッスル(?)メイツ!

(下書きに残っていたので、今さらながら公開にします。初日8/2でしたね。あれからもうすぐ1年になるんですね。2019年6/22公開。)

 

 

休みとチケットを気合いでもぎ取り行って参りました、ハッスルメイツ初日。

それでは初日を発するメイツになりたいと思います。よろしければお付き合いください。ネタバレしかありません。

 

 

 

主演って有難くすばらしいことだなぁと今さらになって思いました。

「和希そらです」と始まるアナウンスがひたすら嬉しかったです。

和希さんがずっと真ん中で、一番キラキラしたお衣装を着ていて、こんなにすてきなことがあるのだなぁと思いました。

 

宙組のためのショーでした。

和希さんのためのエンターテイメントでした。

宙組は「未来へ」と歌って始まって、20年経って「いつまでも続く」とそらさんが紡ぐ。

宙組のためのショーを"そらさん"主演でできることが嬉しかったです。

 

和希さんの歌、ダンス、お芝居が大好きで、それらをずっと見ていられる嬉しい時間でした。

 

ところで、皆さんインターネット投票は何に投票しましたか?

私はもう全部歌えばいいのでは?と思いながら「ナイスガイ」に投票しました。

そして、、、

ナイスガイ歌っていただきました!瑠風さんに!和希さんではなく!

瑠風さんがとってもかっこよかったのでオールオッケーなのですが、和希さんではないことが衝撃でした!

 

 

 

何一つ初日の情報を発することができていませんが、今日はここまで。

この夏あと何度ハッスルできるでしょうか!